業者にシールラベル作成注文した際の基本的な流れ

専門業者に注文の問い合わせを行います

商品アイテムを販売する場合、基本的に販売品の中身が分かりやすいように商品の紹介が必要ですよね。特に個人で物を販売する場合や学園祭などで売店を行う場合などは、シールラベルを貼り付けて商品の紹介をおこないます。シールのラベル枚数自体が少なければ自分で作成することが可能ですが、必要枚数が多い場合は難しくなります。そんな時はシールラベルを専門に行っている業者に依頼するのが安心ですよ。プロが作成してくれるので仕上がりは綺麗で、枚数が多ければ多いほどコストも抑える事ができます。では実際に専門業者に依頼する場合は、最初に注文の流れとして問い合わせを行います。電話の他に専用の問い合わせフォームを利用する場合もあります。その後は業者から問い合わせについての連絡がくるので、ラベル作成のための本格的な打ち合わせが行われます。

業者に正式に発注を行いラベルデータ作りを行います

業者とのラベル作成について打ち合わせを行った後は、正式に発注をお願いします。次に作ってほしいシールラベルのデザインをどうするか、入稿して業者に作成してもらいます。自分である程度ラベルデザインがあるのであれば、そのままデータを業者に入稿する事になります。業者によってはデザイン案を作成依頼ができる場合もあるので、その時はラベルに対して希望するイメージや色合いなどを考えて作成されます。このデータ入稿ですが、実際に印刷してみると印象がイメージとは大きく異なることが多いです。そのためデータをチェックしながら校正という流れを数回繰りことも多くあります。データチェック自体は大変な作業ですが、商品の仕上がりに影響してくる大切な工程なのでしっかり行う事がポイントですね。

出来上がったラベルを納品してもらいます

校正をへて問題がなくなれば、いよいよ注文の流れ中でも最終段階となる印刷と加工になります。印刷自体はデータが完成していればとても早いので、刷り上がるのを待つだけでですね。印刷と加工が終わったシートラベルは、業者側の方で検品作業が行われます。プロの作業とはいえ中には印刷ミスなどもあるので、不備のある物をチェックする重要な作業が行われます。検品作業へて最終的に問題がなければ、ようやく納品として手元に送られてきます。プロが作成したラベルは仕上がりが綺麗なので、あとは商品にラベルを貼り付けて完成となります。ラベルを張る作業は、思わぬミスが起こることが想定されます。そのため業者へ発注する際の枚数は、ミスする可能性もふまえて余裕を持って依頼しておくと安心ですよ。

記事一覧