シールラベルに使用するデザイン作成のポイント

シールに使用される素材によって見え方が変わります

シールラベルは商品を案内するだけでなく、商品自体のイメージを決める為に重要な効果があります。そのため実際にシールラベルを作成する場合は、貼り付けるための商品に合わせて製作することが重要となりますよ。では実際に作る前に決める必要があるのが、シール自体の素材になります。ラベル製作に使用される素材自体は価格に差が殆どないので、様々な素材を検討しながら作るのがポイントですね。もし商品が和風なものであれば、ラベルに和紙を使用すると和風にぴったりな素材ですよね。また素材の中で多く使われるタイプとしては、アート紙やミラーコート紙は人気があります。理由としては素材自体が白色なので、デザインに合わせやすいという点が大きいです。素材によっても白色だけでなく薄茶色やグレーなどもあるので、使用する商品に合わせる工夫をするとよいですね。

ラベルに使用する色によって商品イメージが決まります

ラベルを製作する際のデザインとして、工夫する必要があるのが色使いにあります。色は商品自体をイメージさせる効果があるので、イメージ作成の中でも色選びは重要といえますね。たとえばイチゴを使った商品であれば赤色を選び、ブドウの場合は紫といった感じですね。また使用されるイラストと色を合わせて製作すると、より商品イメージを作りだすことができます。ただしラベル作成の段階で見える色味と、実際に印刷した時の色味には大きく誤差が生じることがあります。そのためラベル作成している時に、色を決める場合は印刷した時の見え方もしっかり考えることが重要といえますね。

使用する文字フォントで印象が変わります

シートラベルをデザインする時の方法として色やイラストなどもありますが、よりインパクトを与えるのが文字になります。文字は商品が何なのかを伝えるだけでなく、文字によって商品の印象づける効果もあります。文字として使えるデザインですが、日本語であれば漢字やひらがなの他に、カタナカといった文字を使用できます。ローマ字でも大文字や小文字などもあり、使い分ける事で様々な印象を与えられます。また文字フォントとして明朝体やゴシック体などもあり、同じ言葉でもフォントが変われば印象も変化してきます。シールラベルが完成するまでに様々な工程が必要で大変な事は多いですが、商品をイメージ付けるためにも重要なアイテムだとわかりますね。

記事一覧