シールラベル用に使用する素材毎の特徴と違い

ラベル作成に利用される頻度の多い素材の種類

買い物をする際はお店で販売されている商品の中から、ラベルなどを参考に選びますよね。ラベルの内容やデザインなどによって、商品をイメージし購入するかどうか判断することが多いです。そのためシールラベルなどは商品の魅力を伝える為にも、重要なアイテムと言えますね。そんなシールラベルを作成する場合、作成時に使用する素材によっても見え方や印象などに大きな違いが出てきます。そんな種類の中でも、選ばれる頻度の高い種類として上質紙があります。特徴としてコピー用紙のような質感であり、見た目も素朴でツヤなどが無いタイプになります。光沢が無いのでラベルの上からボールペンなどで書き加える事もできます。白黒での印刷であれば問題はありませんが、紙の特徴的にカラー印刷はあまり向いていないタイプです。一番選ばれる頻度が多い理由ですが、コスト面がリーズナブルなので業務用として作られるラベルの需要が多いです。

屋内用販売品ラベルにおすすめ素材の種類

商品を販売する場合に色々な場所に置かれることが多いですが、その中でも屋内に置く事を想定して作られる場合があります。そんな時はや内容にラベルにもこだわりたいですよね。屋内用としてラベルを作成するさいにおすすめな種類としてミラーコート紙があります。ミラーコート紙自体に光沢があるのが特徴であり、デザインを印刷する時も綺麗に仕上げることができます。ツヤツヤしているラベルになるので、ラベルにすると目立つので商品ラベルとして使用される事が多い種類の1つです。また紙自体がツヤツヤしているので、暗い屋内であってもラベル内容を目立たせることができますよ。そのほかには種類としてアート紙があります。表面は半光沢がありフルカラー印刷でも綺麗に仕上がります。またラベル自体をラミネートする場合でも、相性がとても良い種類になりますよ。

屋外販売品ラベルにおすすめ素材の種類

屋外販売用の商品に使用するシールラベルを作成する場合は、屋外用の紙を利用するのが重要ですよね。屋内と違い屋外用で作成する場合に注意が必要なのは、日光の紫外線の刺激があります。そのため長く屋外においておいても長持ちするタイプを選ぶことが大切になります。屋外用として作成する場合におすすめな種類は白塩ビになります。紙の特徴として耐久性なども高いので、屋外用のラベルに使用しても安心です。また白以外に黄色や透明といった色からも選べることができます。そのほかには白PET紙などもあります。これは屋外用だけとこだわらず屋内用としても利用できるので、利便性が高いタイプの種類になります。フルカラー印刷の相性がとても高い種類になるので、シールラベルのデザインが華やかなものほどおすすめです。このように紙の種類は特徴の違いを理解して選ぶことがポイントですね。

記事一覧